2023年9月1日(金) 十全に書く、ということ

鎖骨の骨折、エッセイの暴力性、フィクションへの期待
瀬戸マサキ 2023.09.01
読者限定

鎖骨が折れました。折れたと言うか、いくつかの骨片に割れたというのが正確な表現かもしれません。8月20日のことでした。場所は千葉のマザー牧場。ウッドデッキの中心の穴に気づかず足を踏み入れ、そのままドスンと肩から落ちたというわけです。

痛いは痛いのだが、なにぶん他に五人の連れがいて、じゃあ痛いので帰りますというわけにもいかない。そもそも自分は運転手じゃないので帰る方法もない。連れの一人が救護室を見つけてくれたので、そこでTと一時間くらい肩を冷やしながら休みました。(Tとは私の彼氏のことです。)

そのあとは予定通りジンギスカンを食べ、花火を見て、車で千葉駅に戻りました。食事中に連れの一人が私の脱いだシャツを使って即席で三角巾を作ってくれたので、ずいぶんと痛みが楽になり助かりました。

打撲かな、脱臼かな。電車で揺られながら検索してみると、私の肩と同じように一部がぽこんと盛り上がっている症例が出ていました。脱臼だそうだ。なるほどなるほど、脱臼ね。明日病院に行って診てもらえばちょちょいのちょいかな。なんて思っていたら——

寝巻きの甚平のまま恥ずかしい思いをしながら歩いて行った近所の整形外科の医師は、残念ながら骨折ですね、と言いました。ちなみになぜ寝巻きが甚平なのかというと先日Tと祭に行った時のがクローゼットにあったのと、単純に脱着が比較的容易だったからです。

紹介状を書いてもらい、市内の総合病院へ翌日向かうことに。

***

ここまで書いて、もう続きを書く気がなくなってしまいました。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1519文字あります。

すでに登録された方はこちら

誰でも
社会運動家や評論家は第一希望を必ず言え、と思う
誰でも
聴者の私が手話を学び始めて知ったこと
読者限定
今この瞬間と『ちょっと先の未来』を楽しみ、喜び、大切にしたい
誰でも
2024年3月2日(土) 友人が短編集を出します
読者限定
2023年8月31日(木) 大事なことを教えてくれた二人の移民
読者限定
2023年8月6日(日) そこからまた始めよう、と思っている。
誰でも
2023年6月12日(月) あなたがたは見分けがつかないから
誰でも
2023年5月28日(日) めまぐるしい