2023年8月6日(日) そこからまた始めよう、と思っている。

無力感から政治的無関心に陥った私、あやうく「意識高い系」方面に。
瀬戸マサキ 2023.08.06
読者限定

最近は考えることが億劫である。人それぞれではあろうけれど、私にとって考えることというのは言語化することにほぼ等しいように思う。逆に言うと、言語化する必要に駆られた時に、つまり誰かに自分の感じている感覚——それは差別的な何かへの怒りだったり、気づかずに犯した自らの過ちについての恥ずかしさだったり——を共有したい、あるいは共有しなければならない状況にある時に、初めて私はきちんとそれについて考えることができる。

私はライターなどと言っておきながら実のところ久しく文筆業から離れている。最後に文章が掲載されたのは2020年の『現代思想』で、それからもう3年が経とうとしている。講演やイベントでの登壇などの仕事は時折今でもやらせてもらっているが、そういった仕事はたいてい既にどこかで書いたこと——つまり既にきちんと考えて言語化してきたこと——をベースに語るものなので、当然そのイベントのテーマやオーディエンスの属性などに合わせて組み立て直しはするが、そもそも何か新しく考えたことを披露する場ではないとわきまえてもいるので、やはり、そういう組み立て直しに使う頭と、文章を書きながら感覚を言語化していくプロセスで使う頭とは、全然違うものだなあとこれまでの数年間で知ることとなった。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1846文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
2023年9月1日(金) 十全に書く、ということ
読者限定
2023年8月31日(木) 大事なことを教えてくれた二人の移民
誰でも
2023年6月12日(月) あなたがたは見分けがつかないから
誰でも
2023年5月28日(日) めまぐるしい
読者限定
2022年11月30日(水) うちらが死ぬ前に
読者限定
2022年11月29日(火) あぶなく引退するところでした
サポートメンバー限定
排除と忘却に支えられたグロテスクな世間体政治としての米国主流「LGBT...
サポートメンバー限定
あなたが書けたかもしれない紙面を奪ってまで(『現代思想』2020年10...